燃えろ脂肪!【燃焼系ダイエット】最適アイテム厳選4選

【燃焼その1】コーヒーを飲むだけで燃えちゃう!?

今話題のエクササイズコーヒーなるこの飲み物。

まあ、インスタントコーヒーと同じ感覚で飲んでいます。

ただ、そこらのインスタントコーヒーとはわけが違う。
このコーヒーはダイエット向けに作られたコーヒーなのです!

コーヒークロロゲンは、アンチエイジングにも良いと言われていますが、糖の吸収を遅らせる効果もあるのだそうです。

しかも、脂肪の蓄積も抑えてくれるそうなので、コーヒー好きの私にとっては魔法のようなコーヒーと言っても大げさではないでしょう。

このエクササイズコーヒーは、クロロゲンが焙煎豆の10倍以上なのだそうです。
そして、燃焼を助けてくれるLカルニチンや栄養素をエネルギーに変えてくれる還元型コエンザイムQ10が配合されているので、まさに燃えるためのコーヒーというわけですね。

お味の方は、普通のインスタントコーヒーと変わりありません。

正直な話。
いつも美味しいコンビニコーヒーを3倍程度飲んでいる私にとって、あまり好みの味ではありません。

コーヒー通の方には、もしかしたら飲みにくいかな?とも思います。

そこでオススメなのが、合わせ技。

コーヒーに半分の量のエクササイズコーヒーを混ぜて飲んだり、ミルクと割ってカフェオレ風に飲んだりしてみると、意外にも美味しいです。

インスタントコーヒーの苦味がアクセントとなって、より深い味わいになるので、ぜひブレンドしてみて下さい♪

エクササイズコーヒーについて詳しくはこちら

【燃焼その2】熱いぞ!超温感スリミングミルクで燃え燃えマッサージ

バンビミルクがリアルに熱すぎます!

ダイエットに取り入れたいリンパマッサージ。
そのマッサージをするためのオイルを探していたところ、燃えすぎて熱いという口コミを発見しました。

その燃えすぎと評判だったのがこのバンビミルクです。

口コミ評判がすっごく良かったので、とりあえず購入。
マッサージには大量のオイルを使っていたので、すぐなくなるかもと思って3本も購入しちゃいました。

実際は、すごく伸びの良いミルクローションだったので、少量でも広い面積のマッサージをすることができました。

  • ボタニカルハーブエキスの良い香り。
  • サラサラとしたテクスチャ。
  • シアバターとセラミド配合の高保湿。

メインになってもよさそうなこれらの要素ですが、私から言わせれば、これらはおまけです!

そう。このミルクのメインは、《熱い》です!

お風呂上がりに塗ろうものなら、サウナ状態になっちゃいました。

塗って数秒でジンワリ熱く、10数秒でメラメラに。

しかも、セルライトをもみほぐしながら塗り込んでいるので、手のひらに炎を纏っているかと錯覚するほど熱くなるのです。
(かなりの温感ですが、実際は燃えるほど熱くありません。もちろん火傷もしませんのでご安心を笑)

バンビミルクについて詳しくはこちら

【燃焼その3】ダイエットの王道。サプリで燃える

燃焼系サプリを色々と飲んできましたが、このイージースレンダーがかなりの優れものなのでご紹介させていただきます。

運動前にこれを飲むと、私はいつも以上に汗をかきます。
そして、身体が熱くなるペースも速く、かなり即効性のあるサプリだと思っています。

燃焼の秘密はトリプルアタック。

  • Lカルニチン
  • αリポ酸
  • オルニチン

これらの燃焼系成分が、ガッチリと手を組んだサプリなのです。

しかもそれだけじゃない!

ダイエットの王道に名を連ねる

  • コエンザイムQ10
  • ガルシニア
  • 唐辛子エキス
  • ショウガエキス

が凝縮されているのです。

燃えるための要素がここまで凝縮されたサプリは、そうないですよね!

そりゃ燃えますよ!

燃焼系サプリの中で、私が満点をつけるサプリです。

イージースレンダーについて詳しくはこちら

【燃焼その4】毎日の食事にピリッとプラス♪

そう、唐辛子です。

この唐辛子。ただの唐辛子じゃありません。
プッコチと呼ばれる韓国唐辛子です。

これ、びっくりするくらい辛いです。
でも香りが良くて、生でも食べられるので、私は毎日食べていますよ。

美味くて病みつきになる辛さですね。

いつも大量にネットで購入し、袋に入れて冷凍。
毎日の食事にちょっと冷凍庫から取り出し、輪切りにして2〜3切れほどを料理に混ぜて食べています。

そのまま生でも香りがいいので、薬味としてもOK。

何にでも入れちゃうので、常にお腹が燃えています。

食べ過ぎると辛くてお腹を壊しちゃうかもしれないので、慣れないうちは、ほんの少しの量を加えるようにして下さい。

まとめ

  • 美味しくコーヒーを飲んで燃焼。
  • マッサージで代謝を上げてさらに燃焼。
  • 運動での燃焼も効率よくサプリの力を借りる。
  • 美味しいピリ辛で内臓から燃やす。

いかがでしたか?

うっかりと蓄えちゃった脂肪は、時間が経過しないうちにさっさと燃やしてしまいしょう。

燃焼系ダイエットを始めてみたいと思われたあなた。

今から実践して、美ボディを目指してみませんか♪

ABOUTこの記事をかいた人

KANAYA

ネットサーフィンと美味しい食べ物、珍しい物を探すことが趣味な私。 そんな趣味を活かして、ネット上でお気に入りアイテムを探しまわっているアラサー女子webライターでございます(女子って歳じゃないけれど・・・)