最先端美容【ヒト幹細胞培養液】エクラトーキョープレミアムエッセンスの実力は!

再生医療の現場で使用されている幹細胞。
細胞を再生させる働きがあるので、「それを美容分野で利用してみてはどうだろう」と近年、幹細胞を使用した美容液が全世界で話題を集めています。

とくに美容先進国アメリカでの人気が高く、なんと1兆円規模の市場に発展。次々と商品開発が進められています。

日本でも最先端美容の幹細胞を取り入れた商品が次々と開発され、大手エステサロンや化粧品メーカーが次々と商品を発表。

品薄が続いている話題の幹細胞美容液「エクラトーキョープレミアムエッセンス」を、今回は取り上げてみました。

幹細胞培養液がどうして美容に良いの?


※公式サイトより画像を引用

幹細胞として有名なのが、ノーベル賞で話題となった【IPS細胞】です。
これらの幹細胞は、あらゆる細胞に成り代わる前の、基本となる細胞でもあります。

この幹細胞は、修復を求める細胞へと集まり、分裂を繰り返して細胞を修復させていく働きが有名ですが、ターンオーバーの正常な働きを促すとして、美容分野でも大変注目を集めるようになりました。

ヒト幹細胞培養液は、人の幹細胞を培養するさいに分泌される培養液です。
身体に存在する500種類に及ぶ成長因子が凝縮されていて、コラーゲン・ヒアルロン酸、細胞の増殖、美白効果、しわの改善などの効果が確認されているようです。

幹細胞培養液のデメリットもあります

それは何と言っても、お値段が高い!!!!!

大手エステサロンで幹細胞美容液を使用したエステは、1回の施術で数万円はざらです。美容液を購入しようにも、1本2万円から高い商品で4万円ほど費用がかかってしまいます。

とにかく、レアなアイテムとあって高価すぎるというのが悩みといえます。

そこで、どうにかお手軽に試せないかと、様々なメーカーサイトを検索。高濃度ながらもリーズナブルな商品を見つけてきました!

それが、「エクラトーキョープレミアムエッセンス」です。

初回限定で16,200円の美容液が2,000円で試せます。
(※定期購入の特典でお安く買えます。現時点では継続の縛りがなくいつでも自由に解約できます)

また、医療で使用されているものを美容で使用しても安全なのだろうか、という不安について。

エクストラトーキョーで使用されている美容液は、厚生労働省の定めた医薬品などの品質管理基準に準じたテストに合格した培養液でもあり、ウイルスや細菌感染のクリーニングテストに合格した培養液のみを使用しているようです。

エクラトーキョープレミアムエッセンスの公式HPはこちら

サラサラ美容液で滑らかなテクスチャ

美容液を垂らすと、サラサラと流れ落ちるほど、水っぽい美容液です。

付け心地も良いですね。

使用方法は、洗顔後のまっさらな肌に、化粧水などを使わず最初に使用します。
ワンプッシュで十分伸びますので、気になる箇所に塗り込むよう使用するのが良いかもしれません。

実際に2週間幹細胞培養液を塗り続けた結果がこちら

塗り始める前

2週間塗り続けた結果

良い結果

肌表面の凹凸が気になっていましたが、かなり毛穴が引き締まり、凹凸が随分気にならないようになりました。

肌自体も、ワントーンほど白くなった気がしますが、なにより弾力が随分とアップしましたね。

肌の中にしっかりと水分が閉じ込められている感覚が、ずっと続いています。

いまいちな結果

ほうれい線を取りたいと思って使用していましたが、正直なところ、あまり変化がわかりませんでした。

2週間ではほうれい線は消えないということがわかりました。

もう少し継続をして、結果を待ってみようと思います。

2週間塗り続けた私の感想

ヒト幹細胞培養液は、時間がたっても乾燥しない美容液という感じでしょうか。

肌に潤いとハリがあるかどうかで、ずいぶん見た目も変わります。アンチエイジングを課題とされている方には、幹細胞培養液をぜひ試していただきたいです!

どれくらい乾燥を防ぐのか検証してみましょう

人の肌に近いと言われている餅で、乾燥実験をしてみました。

左が人幹細胞培養液の美容液。
右が普段利用している保湿の高い美容液。

これを3時間ほどエアコンの下に放置してみました。

人幹細胞培養液を塗った左は全く乾燥せず、潤ったまま艶やかな状態でした。

それに比べて右の美容液は、乾燥が目立ち、艶感がなくなりましたね。

人幹細胞培養液。
乾燥を防ぐ膜としての役割はかなり高得点ですね。

医療技術から応用された幹細胞培養液。
この最先端美容をまだ試していない方は、一度試してみても良いかもしれません。
今までの肌悩みが改善できるかもしれませんよ!

エクラトーキョープレミアムエッセンスの公式HPはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

KANAYA

ネットサーフィンと美味しい食べ物、珍しい物を探すことが趣味な私。 そんな趣味を活かして、ネット上でお気に入りアイテムを探しまわっているアラサー女子webライターでございます(女子って歳じゃないけれど・・・)