外資脳の「コスパ」ガチ勢が考えた、「圧倒的コスパ」のスキンケア術

『妖怪男ウォッチ』のぱぷりこです。

日々、妖怪男女たちに囲まれながら、「そのプランのスコープは?」「フォーキャスト、コンサバすぎるでしょ」「ターゲットにビハインドしてるからブリッジプランすぐ出して」といったキャッキャウフフ殺伐ライフを送っている身にとって、「コスパ」「コストパフォーマンス」「Cost performance」「CP」「費用対効果」は超★重★要★メトリクス。コスパコスメ?オーケーオーケー、大好きだよそういう話題。

そもそもコスパコスメとはなにか

さて外資脳どもは、議論を始める前に必ず「メトリクスの定義」から入ります。「コストパフォーマンス」とは、「コスト=費用」に対して「パフォーマンス=効果」が高いこと。コスパを向上させるには、2つの方法があります。

  1. 金額:平均/効果:平均以上
  2. 金額:平均以下/効果:平均

世の中で言われてる「コスパコスメ」はだいたい2の意味です。そりゃそうですよね、平均よりも効果が高いかどうかを検証するのは、一般ピーポーにはハードルが高すぎです。だから「そこそこの効果があり、値段がお安いコスメ=コスパコスメ」となります。

大量のコスパコスメを買っては失敗する沼

ここであるあるなのが、「プチプラだからいろいろ試しちゃえ★」とコスパコスメを大量に買ってみたり、試したらいまいち肌にあわなくて「コスパコスメ迷子」になって何回も買いなおすはめになったり…という失敗。結果的に総額を計算してみたら高額コスメとぜんぜん変わらなかったり、むしろ高くついたり。あるあるー私も100回ぐらいやったー。わーい。つらい。

そんな私が、圧倒的失敗と散財を経て私がたどりついた結論はこれです。

コスパとは、「コスメ1つ1つの金額」で考えるのではなく、「アイテム数」と「トータルコスト」で考えるべし。

コスパは、「アイテム数を減らす」ことでも実現する

そもそも、トータルコストを抑える方法は「安いものを買う」だけではありません。

  • 平均単価を下げる(=安いコスメを買う)
  • 買うアイテム数を減らす
  • 失敗による買いなおしを減らす

コスパやプチプラ好きはどーしても1に偏りがちなんですが、2と3は超重要。1000円のコスメを10個買ったら1万円ですが、5個にしたら5000円。単価を1500円にまで上げても7500円。単価でみれば1000円のほうがコスパがよく見えますが、トータルで見たらアイテム数を減らしたほうがコスパがよくなります。

スキンケアのアイテムは半分まで減らせる

この「アイテム数を減らすメソッド」が効果を発するのが「スキンケア」です。理由は2つ。

  1. 「使え」と言われるアイテム数がやたら多いが、効果が重複しているものがある
  2. 人によって肌との相性がぜんぜん違うから、クチコミや紹介があまり参考にならない=失敗しやすい

スキンケアは、推奨されるアイテムの種類がやたら多いですが、目的別に見てみると、効果がかぶっているものが多いです。かつ、使うアイテム数が多ければ多いほど失敗する確率も上がります。なので使うアイテムを断捨離すれば、トータルコストも下がる上に、失敗コスメに当たる確率も下げられます。

というわけで、いろいろ試行錯誤したすえ、現状はこんなアイテムで運用しています。

いつも使うアイテム

  • 石鹸:シンプルな石けん。汚れを落とすことが目的
  • フェイスブラシ:洗顔時に使う。汚れを落とすことが目的。
  • 化粧水:保水が目的
  • 美容液:セラミド配合のもので保湿+悩みごとに随時追加
  • オイル:乾燥防止が目的。

使う頻度を減らしたアイテム

  • クレンジング:アイメイクなどのポイントで使うのみ。
  • フェイスパック:おみやげでもらうものを使うのみ

使わないアイテム

  • 乳液:なくてもよし
  • クリーム:オイルで代替できる
  • ブースター:なくてもよし。そもそもブーストという概念が謎。

10アイテムを、半分の5アイテムまで減らしました。

洗顔料もクレンジングも「美白」「うるおい」などいろんな美容効果をうたって単価を上げていますが、皮膚科の先生に聞いたところ「洗顔の目的は汚れを落とすことであり、それ以外の効用なんていらないよ。ていうか、数十秒で落とす洗顔料の美容効果なんてほぼないんだから、汚れだけ落とすことにフォーカスすればいいんだよ」と言われてぐうの音も出ないほど納得してからは、シンプルな固形石けんを使ってます。

あと、洗顔時にフェイスブラシを使って洗顔すると、汚れがきっちり落ちて肌のさわり心地がぜんぜん変わります。正直、成分マシマシにして単価を上げているクレンジングとか洗顔フォームに課金するより、フェイスブラシ1本買ったほうがコスパがいい。

「乳液とかクリームとか、絶対にいるだろ」と昔は思ってたんですが、目的は「保湿」で、オイルと効果がかぶってるので断捨離。なくてもぜんぜん困らないし、むしろ厚塗り感がなくなってすっきり。乳液もクリームも別にいらなかったんや…。

アイテム数を減らした結果、コスト&失敗ストレスが減った

アイテム数を50%削減、トータル金額も40%近く削減した結果、効果が減るどころか、肌の調子は前よりよくなりました。アイテムを吟味するために調べる時間、失敗したときの金額、精神ストレスは70%(当社比)近く減ったと思います。

これぞコスパ!圧倒的コスパ!

もちろん、年齢を経るにつれて、美白とかシミとかたるみとか、悩みは増える一方なので、悩みに対しては、随時美容液を追加+専門家に課金で対応しています。結局、課金するところには課金してるんですけど、日々の運用コストを下げておくと、必要な時に心置きなく課金できるので、日々のコスパは大事です。

結論。使うアイテム数を見直し&減らす。それが真のコスパだ

というわけで、コスパコスメを追求する皆様には、「スタメンアイテムの見直し&減らすこと」をおすすめします。

  1. 自分がいま使っているスタメンアイテムを全部並べる
  2. 目的と効果ごとにグルーピングする
  3. 重複しているものは統廃合する

私は半分にまで減らしましたが、人によって好みも悩みも違うので、「自分にあった最適化とコスパ改善」を自分で探すことが大事です。とはいえ、乳液とオイルとクリームは絶対にやりすぎなので、ここは試しに2週間だけでもいいので、どれか1つだけにしてみることをオススメします。

大事なのはメリハリです。日々のランニングコストはコスパ重視。必要なこと、楽しいこと、イライラのストレス解消には重課金。え?重課金が多すぎるからトータル金額は結局高いんじゃないかって?まあそうなんですけど、人間は1割の合理性と9割の不合理でできています。楽しく開き直ってやっていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ぱぷりこ

妖怪男女ウォッチャー&悩み解体屋。ブログ『妖怪男ウォッチ』。Twitter:@papupapuriko。マンガ版『妖怪男ウォッチ』をpixivシルフにて連載中。 書籍『妖怪男ウォッチ』(宝島社)『なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ』(文芸春秋)発売。 Webメディアを中心に、雑誌、ラジオ、テレビ、映画広報などで、「恋愛」「妖怪男女」ネタで活動中。