メルカリの中古化粧品ってアリ?実際に購入してみた!

こんにちは。ライターのツマミ具依と申します。

ファッションも美容法も疎いこの私が、こんな女子力溢れるメディアで書かせてもらっていいのだろうかと戸惑いが隠しきれません。

もっと女子コンテンツに興味を持ちたいところなんですが、CM で「新作の秋色リップ!」とか言われても、「いや同じような色、絶対あったよね」と思ってしまい、どうもついていけないんですよね。本当に悲しい……。

だからといって化粧をしない訳にはいきません。人に会うとなったら最低限の格好をしなくてはならないという事情もあります。てか高校生まで化粧は校則違反だったのに、社会に出たらすっぴんはマナー違反ってどういうこと?って思いませんか……?

大人として化粧はしなくてはならないんです。けど正直そんな興味がないモノに投資できるほどのお金がない!(泣)
そこで、こんなご提案をさせていただきたいと思います。


↑金がなくて底が見えるまで使い切ったアイシャドウ

メルカリの中古化粧品って使えるの?

おそらく大量の貧乏人を救ってきたであろうフリマアプリ「メルカリ」。
私も何度も救ってもらってます。

そう、化粧品もメルカリ様のお力をお借りすれば、安く手に入ります!
ポイントは「中古」!

先日、アイライナーを紛失してしまったので(大ショック)、すがりつくようにアプリを開きます。

まず、化粧品のブランド名から検索をかけていきましょう。ブランド名から調べる理由は、「アイライナー」で検索しても大量にヒットして迷ってしまうからです。ある程度出品数があれば、ブランド内でカテゴリ化されています。

ポイントは検索で「中古」というワードを入れないことです。出品者がそのワードを使っているとは限らず、検索結果が狭まる可能性があるからです。

検索結果で「販売中のみ表示」「価格の安い順」にチェックをします。

1つのブランドでも、コスメショップのように最新商品だけが並んでいるわけではありません。過去に発売された商品も含まれるのでいろんな種類があるのです。最新商品が欲しければ商品名を調べてピンポイントで検索をかけましょう。

また、これは“メルカリあるある”ですが、検索したブランドの商品でないものも混ざっていることがあるのでよく確認してください。

いくつかブランドと価格を見比べて、コレに決めました!
某コスメランキングで上位だから間違いないでしょう~!(安易)

説明文には「10回ほど使用しました」とありますが、見た目もきれいだし使用感は個人的に許容範囲です。
この感覚は人によって違うでしょうが、写真や説明をみて抵抗感がないものを選んでください。

ちゃんとペン先の写真もあるのでありがたいですね。

最後に送料もよくチェックしてください。
「送料込み」なら価格が変わらないので安心です。
送料別だと追加でお金がかかり意外に高くついてしまうことがあります!
(送料を足してもお得ならいいのですが)

取引のやりとりをして数日後……

届きました~!

化粧品は商品が小さくてポストにインしてもらえるから、配送業者とのやりとりがいらなくて楽~。

はい、問題なく使える~!!
やったー!!!

定価が1200円なので、890円で購入できたということは310円も浮きました!!

うれしい!松屋食えるじゃん!!

~美意識高い系からの質問~

いろんなツッコミが想定されるので、先手を打っておきます。

Q.「え?中古嫌じゃないの?」

A.
そりゃあ新品と中古、好きなほうあげますと言われたら迷わず新品を選びます。でも、今回でいえば300円払って新品にこだわるかってことなんです。別に結局自分も使うし、慣れますよ。

Q.「ちょっと衛生面とか気にならないの?」

A.
まぁゼロじゃないですが、居酒屋でそれぞれ口をつけた箸で同じ皿の料理を取ったりするじゃないですか。それに比べたら大したことないのかな、と。

Q.「誰が使ったかわからないのに恐くないんですか?出品者が病気持ちかもしれないし、はたまた男の可能性だってありえます」

A.
私は専ら性善説派なので、疑っても仕方がないことは割り切っています。万が一皮膚が異常を示したら使用をやめればいいのです。これは新品化粧品にだって言えることです。

Q「……(うわー生理的にムリ)」

A.
聞こえてますよー。

貧乏生活の道連れにするようでアレですが、中古コスメが気になってたという方の参考にになれば幸いです。生活水準を下げることは多少虚しさがありながらも、個人的には身軽で自由になった気もするんですよ。

まぁいまはこんな生活ですけど、いつかは中古コスメを出品して貧乏人に振りまく側になれたらいいですね。……あれ、でもメルカリで中古コスメを売ろうなんて、それはそれで金に困っているな。やはり根っからの貧乏思考。これは抜け出せそうにありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ツマミ具依

企画や体験レポートを好むフリーライター。過去の企画は「渋谷ハロウィンでいらない仮装を集めて全部着る」「1万日目の誕生日に1人で1万本のローソクを吹き消す」「Xmasに出会い喫茶やハプニングバーなどを巡る」など。週1で歌舞伎町のバーに在籍。 Twitter:@tsumami_gui_