@cosme1位!いつもの半分の化粧水で驚きのうるおい、うるうるコットン試しました

「Tゾーンはべたつくのに頬がカサつく」
「高額な保湿ケアはあまりしたくない」
そんな人にオススメなのがリーズナブルで手軽にできるコットンパックです。

コットンパックとは、たっぷりの化粧水をしみ込ませたコットンを乾燥しているところに数分のせる保湿ケアのこと。

今回は正しいコットンパックの方法とシルコットのうるうるコットンスポンジ仕立てをご紹介します。

シルコットうるうるコットンスポンジ仕立て

シルコットうるうるコットンスポンジ仕立てについて詳しくはこちら

189円(税抜)

40枚入り(80カット)
素材:パルプ、レーヨン

  • 肌触り:★★★★★
  • 吸水力:★★★★★

どんなコットンなの?

箱を開けてまず驚くのがコットンの形。
下まぶたにもピッタリフィットしやすいようにラウンド状になっています。
取り出してみると・・・。

二つ折りになっています。
素材がパルプとレーヨンなのでキッチンペーパーっぽい感じ。見た目は硬そうですが、チクチクせずやわらかな肌触りです。

では、広げてみますね。

真ん中にミシン目があります。
コットンパックをする時は左右に切り離すと、両頬にフィットしやすい形になります。パッティングに使うなら二つ折りの状態のまま化粧水をしみ込ませましょう。

切り離してみます。

切り口がふわふわと毛羽立ってしまいましたが、後で化粧水をつけると気にならなくなるのでこのまま切って大丈夫です!

2つに分けると・・・。

1つの大きさは約5.7×7.2cm。これなら下まぶたから頬までしっかりパックできますね。でもこんなに大きいのに本当に半分の量の化粧水でうるおうのでしょうか?

実際に化粧水をしみ込ませてみました

サンプルの化粧水(1ml)をコットンにしみ込ませてみました。全部使ってもコットンは一部しか湿っていない状態。「2枚はさすがに無理かも」と思いながら絞ってみました。すると化粧水がじゅわーっと出てきて・・・。

ちゃんと1mlで2枚全体を湿らせることができました!薄くなったけど頬にのせやすいし、しっかりしています。

このままでもコットンパックできますが、化粧水は2ml以上があるほうが良さそう。

正しいコットンパックの方法

コットンパックをする前に、顔全体に化粧水を馴染ませます。そしてコットンに2~5ml(化粧水に書いてある推奨量)の化粧水を含ませます。うるうるコットンならパッティングしてから切り離してパックもできますよ。

コットンはちゃんと湿っていないと、肌につけた化粧水を逆に吸い込んでしまうので注意して下さいね。

空気が入らないように頬にのせて3分ほどパックしましょう。10分以上だと乾燥してしまいます。

コットンをはずしたら手でやさしく押さえるように馴染ませ、すぐに乳液かクリームをつければ終了です!

まとめ

コットンパックに使う化粧水は、保湿成分配合のものにするとより乾燥を補ってくれます。肌の水分をキープしてくれるセラミドや、水分の蒸発を防いでくれるスクワランなどがオススメです。

化粧水に載っている全表示成分をチェックして最初の方に保湿成分が書いているものを選びましょう。(成分は配合量が多い順に並んでいます)

ただ、新しい化粧水でいきなりコットンパックすると肌に刺激を与えやすいので、肌に合うか確認してから使って下さいね。

化粧水がたっぷり必要なコットンパックも「うるうるコットン」を使えば半分の量の化粧水でしっかり保湿ケアできます。簡単スキンケアで潤い肌を手に入れましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

YUMI

元美容部員。 リーズナブルでコストパフォーマンスの良いコスメ探しが趣味です。 メイクの基本は守りながら「手軽にキレイに」をモットーに、年齢より少し若く見えてワザとらしくないメイクを日々研究しています。