乳酸菌って何?乳酸菌の働きとおすすめの乳酸菌サプリメント3選

美容にも健康にも腸の健康は欠かせません。その腸の健康を維持するのに活躍してくれているのが「乳酸菌」です。私たちの腸にはさまざまな種類の乳酸菌が棲み着いています。乳酸菌を味方につけることは腸だけでなく全身の健康と美容にも良い影響を与えてくれます。
そこで今回は乳酸菌の働きとおすすめの取り入れ方についても紹介していきます。

乳酸菌って何?

乳酸菌という名前をよく耳にしますが、一体どんな菌なのか理解している人は案外少ないかもしれません。まずは乳酸菌のことをもう少し知っておきましょう。

乳酸菌は名前の通り「乳酸」を作り出すことができる菌です。自然界では人間、動物、植物、さらにはヨーグルトなどの発酵食品に多く存在しています。

「乳酸菌」といっても種類は非常に多く存在し、ビフィズス菌も大きく分類すると乳酸菌のひとつです。他にもアシドフィルス、クレモリス、フェカリス菌などの種類があり、それぞれに働きと特徴が異なります。

実際にスーパーに行くと様々なヨーグルトが売られていますよね?それらは乳酸菌の種類により「免疫力アップ」「インフルエンザ対策」「ピロリ菌対策」などのように効果が異なります。菌というと悪いイメージがありますが、乳酸菌は私たちにとってプラスの効果を持つ「有用菌」ともいわれます。

また、乳酸菌には腸内環境を整えるという役目だけではなく、全身の健康維持、美肌、ダイエット、アレルギー予防など様々な機能があることで注目度が高まっています。

乳酸菌のはたらき

私たちのお腹の中には1000種類、1000兆個以上もの腸内細菌が棲んでいるとも言われています。乳酸菌はその主要な存在で、主に小腸に棲んでいる腸内細菌です。それだけ多くの数の乳酸菌は一体どんなはたらきをしているのか見ていきましょう。

腸内環境を改善する

腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見(ひよりみ)菌」に分けられます。これらが適度なバランスを保っている状態が健康な腸内環境です。乳酸菌は腸内環境を改善するために必要な「善玉菌」の1種で、人間にとっては欠かせない存在です。

しかし、毎日の食事の影響やストレス、化学物質などにより悪玉菌が増えてくると、腸内環境は乱れてしまいます。乳酸菌にはその悪玉菌をやっつける働きがあります。

乳酸菌は腸内でオリゴ糖などの糖類をエサにして乳酸を発生します。乳酸は腸内の酸性度を高めるので、酸に弱い悪玉菌は死んでいきます。そのため善玉菌が優位な状態を作り出して、腸内環境を改善してくれるのです。

便秘がちな人は悪玉菌が増えていることが多いので、乳酸菌を摂取することで便秘の解消にもつながります。さらに、腸がきれいになると美肌効果も得られます。

免疫力を高める

同じような暮らしをしていても病気にかかる人とかからない人がいますよね。これには「免疫力」が関係しています。免疫は人間の防御反応であり、乳酸菌は免疫と深い関係があることが分かっています。

腸には免疫に関わる細胞が集中しています。なんと全身の免疫細胞のおよそ70%が腸にあるとも言われているほどです。そんな腸における免疫細胞の活性化に役立っているのが腸内細菌で、乳酸菌が特に注目を浴びています。

腸が健康であれば全身の健康が手に入ると言っても過言ではありません。花粉症やアトピーなどのアレルギーに悩んでいる人は腸の健康にも意識を向けてみると良いでしょう。

ダイエット効果

ダイエットと乳酸菌にも深い関係があります。「便秘はダイエットの大敵」とも言われるように、腸がきれいな方が痩せやすいのです。

便秘がちになると腸にガスが溜まって腸の動きが悪くなります。腸には多くの血管が通っているため、腸の動きが悪くなると血行も悪くなってきます。血行の悪い体というのは、いわば「燃費の悪い体」で代謝が落ちやすくなります。

乳酸菌を取り入れることで腸が元気になり便秘が解消されると血行も良くなります。その結果として、痩せやすくなったり浮腫みが解消されることも少なくありません。ダイエットしたいならば腸をきれいにすることから始めていきましょう。

乳酸菌を取り入れるには?

ではどうしたら乳酸菌をからだに取り入れられるのでしょうか?取り入れる方法とおすすめの摂取方法についてご紹介します。

発酵食品を毎日コツコツと取り入れる

乳酸菌が含まれている食べ物として最も有名なのはヨーグルトです。ヨーグルトは牛乳を乳酸菌の力で発酵させて作られます。使われる乳酸菌としては、ビフィズス菌、ガセリ菌、ブルガリクス菌などの種類があって風味も異なります。

ただし、日本人には乳製品が合わないという人も多く、さらには脂肪分の摂りすぎにもなるので食べ過ぎは注意したいところです。

そこで合わせて取り入れると良いのが植物性の発酵食品です。日本には古来から伝わる漬物、味噌、しょうゆなどの発酵食品が多くあります。いろいろな食品からコツコツと続けて摂ることが大切です。

乳酸菌配合の健康食品やサプリメントを活用

発酵食品を取り入れるといっても正直なところ毎日食べるのは大変…と思う人も少なくないはずです。それに乳酸菌は摂取しても、なかなか腸に定着しないため継続しなければ意味がありません。

そこで便利なのが乳酸菌を含む健康食品やサプリメントです。手軽に取り入れられる錠剤や顆粒タイプになっているものは、食事は変えずに簡単に乳酸菌をプラスすることができます。
乳酸菌は続けてこそ意味があるので、サプリメントなどを活用して上手に取り入れていくと良いでしょう。

おすすめの乳酸菌サプリメント3選

乳酸菌はとても話題の成分なので、商品も非常に多くの種類があります。そんな中からおすすめの3つの乳酸菌サプリメントを紹介します。

乳酸菌革命

乳酸菌は人によって合う種類が異なります。それぞれの腸内細菌の菌との相性によって合う合わないが決まるので、1種類だけの乳酸菌を摂るよりも多くの種類の乳酸菌を摂る方がパワーを実感しやすくなります。

この乳酸菌革命の最大の特徴は16種類もの乳酸菌を1粒に配合していることです。3大乳酸菌といわれる「ビフィズス菌」「ラブレ菌」「ガセリ菌」が入っています。なんと1袋にヨーグルト300個分である3兆個もの乳酸菌を含んでいるというから驚きです。

また、生きたまま腸まで届きやすい「有胞子乳酸菌」を使用しています。酸に強いカプセルを使うことで腸まで中に入っている乳酸菌を守ってくれることも特徴です。さらに化学合成された添加物は不使用という点も評価できます。

乳酸菌革命について詳しくはこちら

くるポン

くるポン」はお子様から大人まで幅広く食べられるサプリメントです。サプリメントは大人向けのカプセルや錠剤タイプがほとんどですが、この商品はお子様でも食べられるタブレットタイプで、子供の便通に悩んでいるママさん達に人気のサプリメントです。

下剤のように強い成分ではなく、腸内細菌のエサとなる5大オリゴ糖を配合しています。さらに1日分あたりに300億個もの乳酸菌を配合していることも魅力です。また、食物繊維、ビタミンC、マルチトース、ラカンカなどの快腸をサポートする成分も配合されています。お子様でも安心なように砂糖・着色料・合成甘味料は使われていません。

くるポンについて詳しくはこちら

やわた本青汁

青汁といえば野菜不足の人の強い味方として知られていますよね。ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく同時に摂取できることが魅力です。

さらにこのやわた本青汁では日頃不足しがちな成分である「乳酸菌」がプラスされています。なんと1杯あたり150億個もの乳酸菌を摂取できます。
青汁というとマズイと思われがちですが、クセや苦味が少ない国産大麦若葉が主原料に使われてるので美味しく飲めます。

日頃の食生活が乱れやすい人、外食が中心になりがちな人に青汁タイプは栄養補助としておすすめです。
青汁は食物繊維も豊富であるため、乳酸菌+食物繊維の相乗効果を実感できることがメリットです。便通に悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

やわた本青汁について詳しくはこちら

まとめ

乳酸菌と私たちの健康そして美容には深い関係があります。乳酸菌を取り入れて腸の健康を目指すことが、全身の健康を手に入れることにもつながるのです。また、ダイエットや美肌などの美容面にも良い影響を与えてくれます。

毎日の食事に発酵食品を食べたり、サプリメントを活用するなどして乳酸菌を上手に取り入れていきましょう。続けていくことであなたの身体にも嬉しい変化が出てくるはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

マーニー

フリーライター兼薬剤師。 現在は薬局での経験と知識を生かして、ヘルスケア関連ライターとして活動中。西洋、東洋医学にも自然療法にも偏りすぎない方法を発信していきたいと考えている