【効果が出やすいって本当?】糖質制限ダイエットとは?おすすめのサプリ・食品3選

巷で有名な糖質制限ダイエット。効果が出やすいという噂をよく聞きますよね。
ですが糖質制限ダイエットをしたいけど具体的にどうしたらいいかわからない、効果はどうなのかなど、疑問に感じていることも多いと思います。
今回は糖質制限ダイエットについてやり方や効果、きちんと痩せられるようなコツなどをご紹介致します。

糖質制限ダイエットとは?

糖質をカットすることでそれまでエネルギーとして使われていた糖が体からなくなり、体はエネルギーとして脂肪を役立てようとします。
糖質が切れ脂肪燃焼モードに入ると脂肪は分解されて脂肪酸となり、その脂肪酸は『ケトン体』という物質になります。脂肪がケトン体に変換されることで結果的に脂肪の減少につながります。

また、糖質を制限することによって血糖値の上昇も抑えることができます。血糖値上昇を抑えることができると、血糖値の上昇とともに分泌される「インスリン」というホルモンの分泌も抑えられます。
「インスリン」とは血糖値を下げるために糖を脂肪細胞に吸収する命令を出すホルモンです。インスリン分泌が抑えられればその分等が脂肪細胞に吸収されなくなり太りにくくなることが可能になります。

糖質を抑えるにはどうすればいい?

糖質制限には色々方法があります。

1食あたりの糖質量を減らす

ご飯やパン、麺など、炭水化物を減らすことが前提条件です。
ご飯の量を減らして、ご飯のかわりに豆腐などのたんぱく質を摂取するなどして満腹感を補ったりして炭水化物を減らす努力をしてみましょう。
近頃では炭水化物に似せたこんにゃくやおから製品などもあるので代用を工夫することで糖質カットに近づけることもできます。

おやつ・間食での糖質摂取を控える

メインの食事をいきなり減らすことが難しい方は、おやつなど間食で糖質を取るのを控えてみましょう。普段はドーナツや菓子パン、クッキーなどを食べていた場合は、無糖ヨーグルトやチーズ、ナッツなどで代用することで不満を少なくしつつ間食での糖質を減らすことができます。

きのこ・海藻・野菜などを積極的に摂る

普段のおかずで、食物繊維の多い食材をたくさん摂ることで満腹感を早く感じることができます。大豆製品も植物性たんぱく質やミネラル、食物繊維をとることができておすすめですよ。

GI値の低い食材を選ぶ

GI値とは体内に摂取された糖がどのくらいのはやさで血糖値を上昇させるか計測したものです。
つまりGI値が高い=血糖値が上がりやすい、GI値が低い=血糖値が上がりにくい、ということなので低GI値の食材をとりいれるようにすればインスリンの分泌を抑える効果が得られるということです。

低GI値の食材としては、そばや玄米、野菜やきのこ、ナッツ類やりんごなどが挙げられます。

どうしても糖質制限を自分でコントロールできないときは?おすすめのサプリ・食品3選

上記の糖質制限ダイエットに臨んだとしても、なかなかうまくいかないのが糖質制限ダイエットの辛いところ。普段食べている食事を急に変えたりすればストレスがたまりますし、結果として暴飲暴食につながったり、自分だけはコントロールできていても家族にあわせた食事や仕事の合間をぬっての食事だとどうしても糖質が多めになりがちですよね。

ケトン体を効率よく摂取する

糖質制限ダイエットでは脂肪をケトン体にすることで脂肪を減らすことができるとお伝えしましたが、体はブドウ糖、脂肪の順番で燃焼させてエネルギーを作ります。

体は普段ブドウ糖をエネルギーとして使っているので、糖質制限をしたからといってすぐに脂肪を年少させることは難しいのです。
その結果糖質制限ダイエットにありがちなエネルギー不足による倦怠感やぼーっとする・・・という減少になってしまいダイエットに支障をきたすことも。

ですので、糖質制限ダイエットをするにはエネルギー使用をブドウ糖から脂肪を使うことに慣れさせる必要があります。
そのためにはケトン体を体の中に作り出す必要があります。

糖質制限の効率化に特化した【ケト・サポーター】

ケト・サポーターはアメリカで話題のケトン体サプリです。
とにかく効率重視で、糖質制限の効率をより高めたい方におすすめのサプリとなっております。

効率よくケトン体を体の中に作り出すことで単純な糖質制限だけではつらい期間のサポートをしてくれます。代謝をサポートする成分MCT「カプリル酸(中鎖脂肪酸油)」、「L-カルニチン」、必須アミノ酸「BCAA」を配合し、糖質制限ダイエットを強力にサポートします。
停滞期の原因である代謝の低下にアプローチするサプリなので、体をケトン体をエネルギーに変える状態にする事に特化しています。

【ケト・サポーター】では脂肪をケトン体に変える体作りの効率化が図れるのでせっかく糖質制限ダイエットをするなら無駄な時間は極力減らして辛い期間を短くしましょう。

ケト・サポーターについて詳しくはこちら

食事の前にカンタンに野菜(食物繊維)を摂取する

仕事や家庭の中でバランスの摂れた食事を続けるのは難しいです。
それでもインスリンの分泌を抑えて糖質制限ダイエットを効率よく行いたいですよね。
忙しい日々の中で炭水化物を極端に我慢したり置き換えたりするのも大変なストレスだと思います。
その場合は、食事の前に食物繊維を摂取することで中性脂肪・血糖値の上昇を抑えることが期待できます。
それでも3食毎日食事の前に必ずサラダを食べたりするのは難しいですよね。

中性脂肪・血糖値の上昇を抑える【ベジファス】

中性脂肪・血糖値の上昇を抑えることにオススメなのはベジタブルファーストこと【ベジファス】です。
機能性表示食品として、美容ライター100名が選んだダイエットゼリーです。
難消化性デキストリンを1本に5g配合、さらに80種類の植物発酵エキスを配合し、沖縄産シークワーサー+レモン酢で甘すぎずさっぱりとしていてとっても美味しく食べやすいお味です。

野菜があまり好きではない方でも美味しく摂取でき、ゼリーを1本食べるだけで食事量をいつもより少ない量で満足できるようになる方も続出だそうです。
ananをはじめとした人気雑誌で多数紹介されている【ベジファス】。
食事前に野菜を摂ることで血糖値と中性脂肪の上昇がおさえられることに注目し、野菜ではなくゼリーで血糖値と中性脂肪の上昇が抑えられる期待ができます。

日本人のほとんどが食物繊維不足かも!?と危ぶまれている現代。
厚生労働省によれば1日あたりの目標野菜摂取量は350gといわれています。
ですが1日に350gも野菜を摂取し続けるのは忙しい現代ではとても難しいですよね。糖質制限だけでなく野菜まで沢山摂取するように気をつけて毎日食事をするなんてなかなかできないと思います。

ですので、こういった形で簡単に食物繊維を摂ることをおすすめします。

ベジファスについて詳しくはこちら

食物繊維を簡単に摂取できる【ファイバーショット】

また、ダイエットサポートとして食物繊維を簡単に摂取できるファイバーショット】は、食物中の気になる脂肪や炭水化物に抵抗がある方、スッキリを実感したい方にもおすすめです。
ファイバーショットは食事時のカロリーコントロールをサポートしてくれます。

無味無臭で人間が服用した場合の効果も数々のエビデンスがあるα-シクロデキストリンを100%使用し、環状オリゴ糖も配合されているので日々のスッキリをサポート!
ファイバーショット1包で食事の油脂肪にアプローチしてくれ、環状オリゴ糖が体の中の乳酸菌やビフィズス菌の通称“ヤセ菌”を増やす効果が期待でき、体の内側から美容までスッキリ実感へ導いていきます。

使い方は食事に混ぜるだけでとても簡単。ご飯や麺、パンや甘いもの、お水やお茶、コーヒーなどでも簡単に摂取することができます。

ファイバーショットについて詳しくはこちら

食べる前に食物繊維を摂取するとどういった効果がある?

食事の前に炭水化物を摂取すると血糖値が上がりインスリンが過剰に分泌され空腹感を感じやすいです。

ですが最初に食物繊維を摂取するとそのあとに炭水化物を摂取すれば血糖値の上昇が抑えられインスリンの適切な分泌が促されます。その結果空腹感が感じられにくくなり食べすぎを抑えることができるのです。

また、食物繊維を先に摂取したあとに脂肪を摂取すると、血中の中性脂肪の吸収が抑えられ脂肪が体外に排出されやすくなります。

つまり食物繊維を食べる前に摂取するだけで、血糖値・中性脂肪のどちらにもアプローチすることができ結果的に簡単に糖質制限ダイエットにつなげることができるのです。

ベジファス】【ファイバーショット】のどちらもコンパクトでかさばらず、カンタンに持ち運びできるので外食が多い方や子育て中のママさんでも気軽に糖質制限ダイエットに挑戦でき、続けやすいのが魅力ですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。糖質制限ダイエットは「ご褒美である食事の楽しみ」を大きく削って我慢とストレスばかりのイメージが強いダイエットですが、工夫することでより効果的に、無理なく続けることができますよ。糖質制限ダイエットはうまく取り入れれば結果の出やすいダイエット方法ですので、是非ご参考になれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

SACHI

元美容部員。成分などを徹底的に調べるのが好きで、コスメの知識はある程度深いと自負しています。某有名クチコミサイトでは1,000人以上のお気に入り登録がありました。スキンケアは攻めが好き、メイクアップアイテムは持ち重視で評価します。