【いちご鼻って何?】原因と対策、おすすめのスキンケア商品3選

「最近鼻の毛穴がブツブツと目立ってきた」
このような悩みを持っている人は、もしかすると「いちご鼻」になっているかもしれません。

いちご鼻は化粧をしても毛穴落ちしやすく、毛穴がボツボツと目立ってしまいます。一刻も早く何とかしたいと考える人がほとんどでしょうが、一体どうすればいちご鼻を直せるのでしょうか?

そこで今回は、

こちらのポイントに絞って説明していきます。

いちご鼻に悩んでいる人はぜひ参考にしてみて下さいね。

いちご鼻って何?どんなことが原因なの?

しっかりクレンジングしていても、鼻の毛穴がブツブツと目立ってしまうことがありますよね。ブツブツと目立った状態のことを「いちご鼻」と呼ぶのですが、一体どんなことが原因で起こるものなのでしょうか?詳しく説明します。

いちご鼻とは?

いちご鼻は鼻の毛穴に角質が溜まり、ブツブツと目立った状態のことです。見た目がいちごのようなので、「いちご鼻」と呼ばれています。

皮脂が過剰に分泌されると角栓が詰まりやすくなるので、脂性肌の人はいちご鼻になりやすいタイプです。

ただしいちご鼻は正しいケアをすれば治せますし、予防もできるので安心しましょう。

いちご鼻になる原因

いちご鼻になる原因は大きく分けて、

  • メイクの残りが毛穴に詰まる
  • 皮脂によって角栓が毛穴に詰まる
  • 毛穴の汚れをむりやり取ろうとする

この3つです。

メイクが落としきれずに毛穴に残ってしまうと、汚れが毛穴に詰まってしまいます。毎回しっかりクレンジングしている人は良いですが、「適当に終わらせている」という人は要注意。毛穴にどんどん汚れが蓄積されてしまいます。

また、皮脂の分泌量が正常であれば問題ないのですが、過剰に分泌されると角栓が詰まる原因になるのです。角栓は古い皮脂ですから、皮脂の量が多いほど詰まりやすくなります。角栓が詰まったまま放置すると、酸化して黒いポツポツになるので注意しましょう。

その他、いちご鼻を治そうと「毛穴パック」を使用する人もいますよね。しかし商品によっては刺激が強く、毛穴の開きの原因になるのでできれば使用しないのがおすすめ。パックで根こそぎ取ろうとするのではなく、日頃のスキンケアで対策・予防していきましょう。

いちご鼻はどうやって治したらいいの?

いちご鼻になってしまっても、正しい洗顔とスキンケアをすれば徐々に症状は治っていきます。いちご鼻の原因は毛穴の汚れだと考えている人も多いので、ゴシゴシこすってクレンジングするのが治し方と勘違いしやすいですが、これはNG。正しい方法をご紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

正しい方法で洗顔する

毛穴の汚れや角栓を落とすと言うと、ついつい強い力を入れてクレンジングをしたくなりますよね。しかし必要以上の力や摩擦は、肌に負担がかかるので乾燥などの肌トラブルへ繋がります。正しい洗顔をまとめてみました。

正しい洗顔方法

  1. 10〜15分程度湯船に浸かり、毛穴を開かせる。
  2. クレンジングを使ってメイクを落とす。この時、ゴシゴシこすらず優しく撫でるように肌に触れること。
  3. 顔に水を付け、クレンジングを白い状態(乳化)にさせる。
  4. クレンジングをぬるま湯で洗い流す。
  5. 洗顔料を手に取り、よく泡立てる。
  6. 優しく包み込むように肌を撫でながら洗顔する。
  7. ぬるま湯で洗顔料をしっかり落とす。

ここで注意して欲しいのが、使うクレンジングと洗顔料です。どちらも洗浄力が強いと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、反対に皮脂が過剰分泌する原因になってしまいます。

できるだけ肌に優しい商品を選び、刺激を与えないように注意しましょう。クレンジングのタイプはジェルやクリーム、ミルクがおすすめです。

スキンケアは念入りに

乾燥肌ではない人だと、化粧水だけでスキンケアを終わらせてしまう場合もあるでしょう。しかし肌の乾燥もいちご鼻の原因になるので、朝晩の2回、念入りにスキンケアをする必要があります。スキンケアの正しい方法をまとめました。

正しいスキンケアの方法

  1. 化粧水を適量手に取り、顔全体に塗る。
  2. 乳液を適量手に取り、顔全体に塗る。
  3. テイッシュで軽く顔を押さえ、余分な化粧水・乳液をオフする。
  4. 美容液を塗り、両手で顔を軽く押さえて染み込ませる。

肌の乾燥や余分な化粧水・乳液の残りもまた、いちご鼻になる原因の一つです。適量を使用し、余分なものはティッシュでオフするのを忘れないで下さいね。

いちご鼻を防ぐにはどうしたらいい?

いちご鼻を防ぐには、継続して正しい方法での洗顔とクレンジングを行っていくことです。

いちご鼻はある日突然なるものではなく、蓄積された皮脂や角栓、メイク残りが原因。つまり、毎日の洗顔とスキンケアをしっかり行うことで、いちご鼻を予防・改善できるのです。

くれぐれも「今すぐなんとかしたい!」「毛穴の汚れを隅々まで落とすぞ!」といって、強い力でこすったり毛穴パックを頻繁にやるのは控えましょう。

いちご鼻防止効果があるスキンケア用品を使用するのも一つの方法なので、次の章でおすすめの商品をいくつかご紹介します。

いちご鼻を防ぐのにおすすめのスキンケア商品

それでは最後に、いちご鼻を防ぐのにおすすめのスキンケア商品を3つご紹介します。いちご鼻は日頃の洗顔やスキンケアが原因で起こるもの。いちご鼻に効果的なスキンケア商品を使って、毎日のケアを念入りに行っていきましょう。

Remery(リメリー)

Remeryは肌荒れやいちご鼻、シミ、くすみなどの肌トラブルを対策するための美容液です。日本製なので日本人の肌向けですし、無添加なので敏感肌の人でも安心して使えます。

馬油オイルが使用されており、肌の角質細胞層までしっかりと浸透してくれ、肌に潤いを与えるのが特徴です。朝晩の洗顔後、化粧水を付ける前にRemeryを使うだけで、いちご鼻などの悩みを解消してくれます。

さらに「ビタミンC誘導体」「天然ビタミンE」も配合されているので、美肌効果と酸化防止効果まで期待できるのが嬉しいポイントです。

人気モデルも多数愛用しており、「MORE」「VERY」などの女性雑誌にも掲載されている商品なので、気になる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

Remery(リメリー)について詳しくはこちら

ととのうみすと

ととのうみすと皮脂よごれやメイク残しを落とすためのスプレーです。いちご鼻の原因は角栓の詰まりやメイクの残りですが、ゴシゴシこすってクレンジングするのはNG。肌に負担をかけず、サッとスプレーを吹きかけるだけで、毛穴の汚れなどを浮かしてくれるのがととのうみすとの特徴です。

「超純水+アルカリイオン水」で皮脂汚れを落とし、「アーチチョークエキス」で毛穴をキュッと引き締めます。さらに65種類もの植物酵素が配合されているので、乾燥しやすいクレンジング後の肌に潤いを与えてくれるのです。

朝晩2回使用するとより効果的なので、ぜひこれからのクレンジングにプラスしてみて下さいね。

ととのうみすとについて詳しくはこちら

きらりのつくりかた

きらりのつくりかたは、これ1本で毛穴の汚れと美白、シミ、くすみが対策できるピーリングジェルです。いちご鼻に悩む人は定期的にピーリングを使用するでしょうが、刺激が強いピーリングは肌へ負担がかかります。

その点、きらりのつくりかたなら安心。毛穴にある余分なものだけを浮かして取り除くなので、強い摩擦が必要なく、優しく撫でるだけで汚れがオフできます。

また、美白成分である「プラセンタ」を含んでいるので、いちご鼻の原因の毛穴よごれだけでなく、美白効果や紫外線に負けない肌へと導いてくれるのです。

もちろんパラベンやシリコン、鉱物油などの成分が無添加なので、敏感肌の人でも使えるピーリングとなっています。

きらりのつくりかたについて詳しくはこちら

まとめ

私自身もいちご鼻に悩んだ時期がありましたが、正しい洗顔・クレンジング・スキンケアをするようになってからは悩みが解消されました。

普通のスキンケア用品でも効果はありますが、いちご鼻対策に特化した商品だと、よりいちご鼻になる可能性を防げます。

まずは一度自分の洗顔・クレンジング・スキンケアを見直し、間違っている点がないか確認してみましょう。そこで見つかった原因を取り除き、次のステップとしていちご鼻予防効果があるスキンケア商品を試してみて下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

SACHI

元美容部員。成分などを徹底的に調べるのが好きで、コスメの知識はある程度深いと自負しています。某有名クチコミサイトでは1,000人以上のお気に入り登録がありました。スキンケアは攻めが好き、メイクアップアイテムは持ち重視で評価します。