【飲まなきゃ損】甘酒の効能とは?美容に効果的!おいしくキレイになろう

「楽してキレイになれる方法が知りたい!」

多くの女性たちがそう願っていることと思います。
あなたもそう思っていませんか?

その願いを叶えてくれる飲み物、それが甘酒です。
「飲む点滴」ともいわれるほど栄養素が豊富な甘酒についてご紹介します。

キレイに努力は不可欠と言われますが、その努力も継続できなければ意味がありません。

甘酒の特徴と効果を知り、うまく日常生活に取り入れておいしくキレイを手に入れましょう。

甘酒には2つの種類がある

甘酒には「米麹甘酒」「酒粕甘酒」があることをご存知ですか?

同じ甘酒でも、米麹から作られているか酒粕から作られているかによって、味はもちろん、得られる効果が変わってきます。

まずは、それぞれの特徴をご紹介していきます。

米麹甘酒

米麹の甘酒は、蒸したお米に麹菌を加えできた米麹に、さらに水分を加え発酵させたものです。

米麹甘酒の甘みは、麹菌によってお米のデンプンをブドウ糖に変えているためです。

人工的に甘みを加えているわけではなく素材本来の甘さを活かしているので、安心して飲むことができます。

また、アルコール成分は入っておらず、スーパーやコンビニ、自動販売機等で販売されている多くは米麹甘酒となります。

ブドウ糖のほか、アミノ酸・オリゴ糖・ビタミンB群など多くの栄養を含んでおり、これらが点滴と同等の成分ということから、米麹甘酒は「飲む点滴」といわれています。

酒粕甘酒

酒粕の甘酒は、日本酒などの製造で発生する酒粕に、砂糖と水分を加えたものです。

酒粕甘酒の甘みは砂糖によるものなので、糖質制限をしている方は注意しましょう。

1%未満ではありますがアルコール成分も入っているので、お子様や妊娠中の方は注意が必要です。

現在、一般的に甘酒というと米麹甘酒を指すことが多いですが、酒粕甘酒の方が好きというファンもたくさんいます。

おいしいのに美容効果バツグン!甘酒のうれしい効能とは?

米麹甘酒、酒粕甘酒ともに多くの栄養素が含まれていて、期待できる美容効果も多くあります。

ここからは、具体的な効能についてみていきましょう。

甘酒を飲んで毎日スッキリ!便秘解消効果

米麹甘酒

米麹には、食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれています。

この2つの成分は善玉菌のエサとなり、善玉菌が増えることにより腸内環境が改善されます。

酒粕甘酒

酒粕には、不溶性食物繊維が含まれています。

不溶性食物繊維は、水分を吸収し胃や腸で大きく膨らみ腸のぜん動運動を促進する効果があります。

抗酸化作用でツルツル美肌効果

米麹甘酒

米麹には、抗酸化成分エルゴチオネイン・コウジ酸が含まれています。

エルゴチオネインは「若返りのビタミン」ともいわれているビタミンEの、約7,000倍もの抗酸化作用があるといわれています。

コウジ酸は、シミ・そばかすの原因といわれているメラニンの生成を抑制する効果があります。

酒粕甘酒

酒粕には、アルブチン・フェルラ酸が含まれています。

アルブチンは「肌の漂白剤」といわれるほど美白効果が期待される成分で、フェルラ酸は抗酸化作用によってアンチエイジングが期待できます。

おいしいのにダイエットの強い味方

米麹甘酒、酒粕甘酒ともに豊富に含まれているビタミンB群には、代謝を促進し新陳代謝を高める効果があります。

炭水化物をエネルギーに変える働きもあるので、ダイエットには強い味方となります。

さらに、酒粕甘酒に含まれているレジスタントプロテインは、たんぱく質でありながら食物繊維の働きをもっています。

体内の脂質やコレステロールを吸着し便とともに排出してくれるので、ダイエット効果があるといわれています。

ブドウ糖で疲労回復効果

米麹甘酒の甘みのもと、ブドウ糖には疲労回復効果があります。

私たちの脳や身体は、ブドウ糖をエネルギー源としています。
ブドウ糖は摂取後数分間で血糖値を上昇させ、脳の機能を回復させることができます。

甘酒の効果的な飲み方は?

1日200ml程度を目安に、毎日継続して摂取しましょう。
一度に大量に摂取すれば効果が高まるというものではありません。

決してカロリーが低いわけではなく、酒粕甘酒には砂糖が加えられているので、水分補給の感覚で飲みすぎないように注意しましょう。

甘酒についての気になる疑問

ここからは、甘酒についてよく挙げられる疑問を解説していきます。

米麹甘酒、酒粕甘酒のカロリーはそれぞれどのくらい?

米麹、酒粕ともに100mlあたり約81カロリーとなります。

ただし、酒粕甘酒の場合はそこに砂糖が加えられているため、その分カロリーが高くなります。

子供に飲ませても大丈夫?

米麹甘酒はアルコールが入っていないので、お子様が飲んでも問題ありません。

酒粕甘酒はアルコール成分が入っていますが、1%未満のためアルコール飲料ではなく清涼飲料水に分類されます。
そのため、お子様や未成年者が飲んでも法律違反にはなりません。

ですが、いくらアルコール度数が低くても大量に飲むと酔ってしまう可能性があるので注意が必要です。

お子様や未成年者は、米麹甘酒を選んだ方が良いでしょう。

甘酒を飲んで運転したら飲酒運転になる?

道路交通法で定められている、呼気1リットルあたり0.15mg以上のアルコールが検出されれば、酒気帯び運転と判断されます。

酒粕甘酒に含まれているアルコールは1%未満となり清涼飲料水に分類されます。

しかし、上記の項目でもお話したように、いくらアルコール度数が低くても大量に飲んだり、アルコールに弱い体質の場合はアルコールの血中濃度が基準値を超えてしまう場合もあります。

運転する可能性がある場合は、米麹甘酒を飲むようにしましょう。

まとめ

「飲む点滴」といわれる甘酒には、美容に効果的な栄養素が豊富に含まれていることがお分かりいただけましたでしょうか?

巷にはたくさんの美容法があふれています。
ですが、どんなに素晴らしい美容法も継続できなければ意味がありません。

「美は1日にしてならず」といいますが、無理なく続けられる方法を1日1日積み重ねていくことが大切です。

甘酒はスーパーやコンビニなど、さまざまなお店で手に入れることができ、手軽に取り入れられる美容法です。

ぜひ明日から始めてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

まっちゃ

元人事責任者のフリーライターです。分かりやすく読みやすい記事をお届けします。