【おしりにきびができるのはなぜ?】おしりにきびをなくしてスベスベな状態をキープする方法!おすすめのおしりケア商品を紹介

「あれ?またおしりににきびができてる!」
イスに座った時に痛みを感じ、おしりにきびに気づく。

繰り返さないようにと清潔な状態をキープしているにも関わらず、繰り返すおしりにきびに悩んでいる人はいませんか?

実はおしりにきびができやすい人がにきびを防ぐには、お風呂でしっかり洗うだけでは不十分なのです。その他のケアが足りていないと、ちょっとしたことがきっかけでおしりにきびができてしまいます。

そこで今回はおしりにきびに悩んでいる人のために、「おしりにきびを防ぐ方法とスベスベな状態に近づくケア方法」をご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

おしりにきびができるのはなぜ?

「にきび」というと、おしりではなく顔や背中にできるのをイメージする人は多いでしょう。そのためおしりににきびができていても、にきびではなく「毛穴が炎症でも起こしているのかな?」とそのまま放置してしまう人は多いものです。

しかしおしりにもにきびはできますし、適切な対処をしないとしつこく何度も繰り返してしまうので注意が必要です。

まずは対処法を知る前に、おしりにきびができる原因から説明していきましょう。

皮脂が過剰分泌されるとおしりにきびができる

にきびができる原因は、顔と同じく皮脂が必要以上に分泌されることです。皮脂は肌の潤いを保つために必要ですが、量が多すぎると毛穴に詰まってしまいます。

毛穴に皮脂が詰まったままになると、不衛生な状態になるので雑菌によって炎症が起こりやすい状態に。そこにニキビの元になるアクネ菌が入ると、赤みや腫れをともなったニキビができてしまうのです。

皮脂が過剰分泌される原因の一つに「肌の乾燥」があります。顔や腕は日頃から保湿ケアをしている人は多いのですが、おしりのケアはしていないという人がほとんど。おしりも皮膚なので乾燥するにも関わらず、ケアを怠ることでおしりの乾燥が悪化してしまいます。

おしりのムレもにきびの原因に

おしりはムレやすいというのもにきびの原因の一つです。おしりはイスに座ると皮膚が下着に密着した状態になるので、通気性が悪くなってムレてしまいます。デスクワークが多い人や、夏場におしりにきびができやすい人はムレが原因です。

おしりに限ったことではないですが、ムレた状態は雑菌が好む環境と言えます。それはアクネ菌が繁殖しやすくにきびができやすい環境とも言えるので、ムレがおしりのにきびの原因となるのです。

おしりも加齢とともに変化していく

加齢によるシワやくすみをなくすために、顔のスキンケアに力を入れている人は多いことでしょう。しかし自分からは見えにくいお尻に関しては、「特にケアをしていない」という人がほとんどです。

ではおしりは加齢の影響を受けないのでしょうか?もちろんそんなことはありません。おしりも加齢によって変化が起きるので、顔と同じようにエイジングケアをした方が良いのです。

肌の加齢が進むと、にきびが治りにくくなったり跡が残りやすくなります。これは肌のターンオーバー(生まれ変わるサイクル)が低下するのが原因です。肌が元通りになるサイクルが遅いので、なかなか治らなかったり色素沈着を起こしてしまいます。

おしりにきびをなくしてスベスベな状態をキープする方法!

おしりにきびができる原因は大きくわけて、「皮脂の過剰分泌」「ムレ」「加齢」の3つでした。この3つの原因を取り除くための対処をすれば、おしりにきびから解放されてスベスベな状態がキープできるというわけですね。

とは言え、今までケアをしたことがない人にとっては、一体どうケアをしたら良いのか分からないでしょう。ここでおすすめの方法をいくつかご紹介しますので、まずはどれか一つでも良いのでチャレンジしてみて下さいね。

おしりの保湿ケアをする

今までは顔やおしり以外のボディケアしかしていなかった人も、おしりにきびをなくしたいのならおしりの保湿ケアも始めましょう。

おしりの保湿ケアに有効な成分は、

  • セラミド…乾燥を防ぐ
  • ヒアルロン酸…ハリを持たせる
  • グリチルリチン酸…炎症を抑える

この3つです。

これらの成分が配合されている保湿クリームを使えば、肌の乾燥を防ぐだけでなく、炎症を防いでにきびができにくいおしりになります。ヒアルロン酸もプラスすればハリが出てくるので、スベスベでツルツルのおしりを手に入れられるでしょう。

おしり用の保湿クリームが見つからない時は、全身に使えるボディクリームを使えば大丈夫です。乾燥しやすいお風呂上がりと朝の1日2回塗ると効果的になります。

長時間座った状態にならない

おしりのムレを防いでにきびをできにくくするには、長時間座ったままにならないことです。デスクワークが多い人は、1〜2時間に一度は席を立つようにしましょう。適度に座った状態からおしりを解放してあげれば、できてしまったにきびへの負担が減るので治るまでのスピードも早くなります。

また、夏場は座るだけでもおしりに汗をかいてしまうもの。お手洗いに行った時に汗を軽く拭くと、汗によるムレに効果的ですので試してみて下さい。ウェットティッシュで拭くのが良いですが、ない時はトイレットペーパーでもOK。ただし強くこすると摩擦がおしりに負担となるので、優しく押さえるように拭きましょう。

締め付ける服装・下着を防ぐ

締め付ける服装や下着もムレたりおしりに負担がかかったりするので、おしりにきびには大敵です。スキニーデニムを履いてはけないというわけではないですが、おしりにきびができている時は避けるのがおすすめ。締め付けによってにきびが潰れると、跡が残る原因にもなるので注意しましょう。

また、下着はサイズが合ったものを選び、小さくて通気性が悪くなるものは控えて下さい。素材は綿がベスト。通気性がよく肌への刺激も少ないので、おしりにきび対策には有効です。

その他、ストッキングやタイツの着用を長時間続けるのもおしりにきびに影響します。仕事が終わったらすぐに脱ぐ、自宅にいる時は着用しないなど、できるだけ短い時間しか履かないように工夫しましょう。

おしりの角質ケアをするとよりキレイな状態に

これまでほとんどおしりのケアをして来なかった人は、おしりに古い角質が溜まっています。そうなるとこれまでにご紹介した3つのケアでは、おしりにきびが防ぎきれないことも。にきびができなくても黒ずみやくすみ、ザラつきが取れずに、触り心地がよくないなどの症状は残りやすいのです。

そのような人は、保湿やムレのケアと同時に、おしりの古い角質をなくすケアもプラスしてみて下さい。角質ケアと言えばピーリングですが、顔用のピーリング商品をおしりに使うのは控えましょう。おしりにはおしり用の商品を使わないと、思った効果が得られないだけでなく、おしりにきびが増える可能性があるので注意が必要です。

おすすめのおしりケア商品を紹介!

シアクルスベリージュ

おしりのピーリングに使える商品は色々とありますが、おすすめは「シアクルスベリージュ」という商品。シアクルスベリージュはおしりのにきびや黒ずみ、さらつき、ハリなどの改善に効果があるおしりケア用品です。

シアクルスベリージュの使い方はとても簡単。おしりにジェルを塗り、優しくマッサージするようにこするだけでポロポロと角質が取れます。ピーリングは肌への刺激が強いと思っている人もいますが、シアクルスベリージュには水溶性プラセンタやグリチルリチン酸2Kなどの肌に優しい美容成分が配合されているので安心。さらに無香料、無着色、鉱物油・エタノール・パラベン・シリコンを使用していません。

おしりのケアに特化した商品なので、おしり専用のケア用品を持っていない人は一度試してみてはいかがでしょうか?

シアクルスベリージュについて詳しくはこちら

毎日ケアをしておしりにきびから解放されよう(まとめ)

おしりにきびができると、座った時に痛みを感じますよね。にきびは1〜2日で治るものではないので、何日も不快感をともにするのはツラいものです。

おしりににきびができる原因は大きく分けて、

  • 皮脂の過剰分泌
  • おしりのムレ
  • 加齢による肌の衰え

の3つでした。

まずは一度自分の日常生活を振り返ってみて、どこにおしりにきびができる原因があるのかを考えてみましょう。そしてそれぞれの原因に合った対処法を試せば、徐々にツルツルスベスベなおしりへと近づいていくはずです。

ただしケアをしなかった時間が長いほど、黒ずみやくすみを改善するのに時間がかかってしまいます。1〜2週間で諦めるのではなく、まずは1ヶ月以上試してみるのが大切です。途中でくじけずにケアをして、理想の美尻を手に入れていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

SACHI

元美容部員。成分などを徹底的に調べるのが好きで、コスメの知識はある程度深いと自負しています。某有名クチコミサイトでは1,000人以上のお気に入り登録がありました。スキンケアは攻めが好き、メイクアップアイテムは持ち重視で評価します。