キレイな人は始めてる!「糖化」を防ぐ秘密の習慣

純白のように透きとおったお肌は、まさに女性にとって永遠の憧れ。いくつになっても透明感のあるお肌をキープしたいですよね。しかし、年々目立ってくるのはお肌の「黄ばみ」や「くすみ」……。

お肌が黄色くくすんでいると、せっかくのメイクもなんだか暗い印象に。何より透明感のないお肌は、実年齢よりも老けて見られてしまいます。

女性のキレイをとことん邪魔する黄ぐすみ。もしかすると、お肌の老化現象の1つでもある「糖化」が原因かもしれません。

お肌がコゲる!恐るべし「糖化」の仕組みとは

老化現象の中でも、お肌が酸化することを「サビる」といいますよね。それと同じように、お肌が糖化することを「コゲる」といいます。

「お肌がコゲるってどういうこと?」と思いますよね。私たちは、日々の食事からたくさんの糖質を摂っています。糖質とは、白米やパンだけでなく揚げ物や焼き物、お菓子やフルーツにも含まれているもの。

しかしこの糖質、必要以上に摂りすぎると余分な糖が体内のタンパク質とくっついて、茶褐色に変色します。この変色こそが、「お肌のコゲ=黄ぐすみ」なのです。

たとえば、トースターで焼く前のパンはとっても白くてふわふわですよね。しかしパンを焼いてしまうと、こんがりとキツネ色に変色していきます。

これはパンを加熱することによって起こる糖化反応で、私たちの体も同じように糖とタンパク質が体温によって加熱されるとお肌がコゲてしまう……ということに。

お肌の内部でもコゲによる黄ぐすみが進んでいるなんて、考えただけでも恐ろしいですよね。でも大丈夫!お肌の糖化は、食事をほんの少し意識するだけで食い止めることができるのです。

糖質の摂りすぎは黄ぐすみを加速させる

お肌の糖化を防ぐポイントは、とにかく「糖質を摂りすぎない!」ということ。糖質は生きていく上で必要なエネルギーなので、通常の量なら問題ありません。ただし!糖質を摂りすぎるのはNG。余分な糖質はお肌の糖化を加速させているのです。

普段、「お腹いっぱい食べたい!」「食後のデザートは別腹♪」なんて食べ方をしていませんか?毎日の食事では、たくさん食べすぎず腹八分目を意識しましょう。

ついつい食べすぎちゃうこともあるかもしれませんが、それは余分な糖質を摂っているのと同じ。「あと一口だけ……」の誘惑に負けずに、食事量をしっかりセーブすることが黄ぐすみを防ぐ重要なポイントです。

さらに、早食い気味の人も要注意!早食いも食べすぎにつながるので、ゆっくりよく噛んで食べると糖質の摂りすぎを避けられます。

要注意!お肌の糖化を早める危険なメニュー

「食べすぎなかったら何を食べても大丈夫?」と思いますよね。いえいえ、そんなことはありません。もっとお肌の糖化を気にするならば、「食事の内容」にもこだわるべき。

たとえば

  • パスタ
  • ピザ
  • 焼き肉
  • ファストフード
  • ジャンクフード

など、若い子たちが好きそうなメニューはどれも糖質が高いと思ってOKです。食事はできるだけ和食を意識して、お野菜やお味噌汁など日本人に親しみのあるメニューがオススメ。

他にも、糖化を早めてしまうモノの中に「果糖ぶどう糖液糖」があります。お菓子やジュース、菓子パンや加工食品などにも含まれているので、知っている方も多いのでは?

実はこの果糖ぶどう糖液糖、人工甘味料といわれていてお肌の糖化スピードをグンと早めてしまいます。とっても甘くておいしく感じる果糖ぶどう糖液糖ですが、お肌の糖化を考えると摂りすぎは要注意。

糖化を防ぐ!キセキの「抗糖化食材」とは

実は、糖化そのものを予防してくれる「抗糖化食材」が存在するのです。抗糖化食材をしっかりチェックして食事メニューに取り入れると、尚GOOD!

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • サニーレタス
  • ブロッコリースーパースプラウト

など、緑色の野菜は抗糖化作用があるとして知られています。他にも、にんにくや生姜も糖化を防ぐ食材としてオススメ。どれもスーパーで簡単に手に入るのがうれしいですよね。

飲み物だと、

  • 緑茶
  • 甜茶
  • ドクダミ茶
  • ハーブティー

などが、強力な抗糖化作用を発揮します。これらは食事の前に飲んでおくと、さらに抗糖化作用がUP!毎日の飲み物を抗糖化作用のあるモノに切り替えるだけで、より一層効果が期待できるのです。

美は1日にしてならず!透明美肌は日々の心がけから

お肌の糖化そのものは誰にでも起こる老化現象で、年齢をかさねる度に糖化は加速していくもの。これはもう仕方のない現象です。ただ、ちょっとした心がけ次第でお肌の糖化を遅らせることも可能なのです。

今日から実践すべきことは、とにかく食事は腹八分目を心がけて糖質の摂りすぎに注意しましょう。日々の食事メニューも、和食を心がけるといいですね。こうした毎日の小さな積みかさねが、5年後や10年後のあなたの透明美肌をつくり出します。

「いつまで経っても透明感があってキレイなお肌だね!」と周りからホメられるためにも、普段から何をどう食べるかを意識してみましょう。きっとお肌は、あなたの頑張りに応えてくれるハズです!

ABOUTこの記事をかいた人

餅キナコ

日本化粧品検定3級、オイルトリートメント資格有。三度のご飯より美容が大好き!キレイを目指す女性のための記事を執筆しています。