かさつきや湿疹が気になる!花粉症シーズンの気になる肌荒れ対処法

空気が乾燥する冬や花粉が飛散する春先は、特に肌トラブルが多い季節でもあります。肌が荒れると、メイクのノリが悪くなったり気持ちがふさぎ込んでしまったり、マイナスな影響についついため息をついてしまう人もいることでしょう。

そこで今回は、肌荒れが起こりやすい花粉症シーズンを乗り越えるスキンケア方法について詳しく紹介していきます。

つらい肌荒れ… バリア機能の低下が原因かも?

「なんだか肌がゴワゴワする…」「カサカサしてかゆい」といった肌トラブルの原因は、皮膚のバリア機能が低下していることが一つの原因です。バリア機能は、肌の水分蒸散を防ぎつつ外部刺激から皮膚を守ってくれる働きをしています。

皮膚表面のとても薄い部分なのに、肌の健康をサポートしてくれているなんて驚きですよね。睡眠不足やストレスなどが原因でバランスが崩れてしまうと、このバリア機能は低下して肌をしっかり守れなくなってしまいます。

肌トラブルが気になると、ちょっとお高いパックや美容液を使って回復を試みようとする人も多いのでないでしょうか。確かに有効成分がたっぷり配合されているスキンケア商品を使うのも一つの手ですが、肌のバリア機能を回復させなければ根本的な解決を目指すことはできないでしょう。

普段肌荒れをしない人でも、バリア機能が低下していれば空気の乾燥やアレルギー物質などによって赤みやかゆみを引き起こすこともあります。睡眠不足・ストレス・過度なダイエット・間違ったスキンケアなど、バリア機能を低下させる原因はたくさんあるので、肌荒れが気になっている人はライフスタイルを見直すことがポイントです。

花粉が飛ぶ時期は肌荒れに要注意!

春先になると肌荒れがひどくなるという人は、花粉が原因かもしれません。花粉にアレルギー反応を起こす人は、粘膜や皮膚に花粉が付着したときに、体が異物を排除しようと過剰に反応します。

花粉症は目のかゆみ・くしゃみ・鼻水・頭痛などをイメージする人もたくさんいますが、なかには皮膚の赤みやかゆみに悩まされる人もいるのです。このように、スギやヒノキなどの花粉で肌が荒れる症状を「花粉皮膚炎」といいます。

「花粉皮膚炎」は、顔や首に症状が出やすいという特徴があります。花粉症シーズンにメイクのノリが悪く感じたりかゆみを感じたりする場合は、花粉の影響を疑ってみるのが良さそうです。

また、「花粉症=2~3月」と思っている人もたくさんいますが、冬以外はどの季節にも花粉トラブルが考えられます。2~6月はスギ・ヒノキ、5~7月はカモガヤ、8~10月はブタクサ・ヨモギなど、植物によって花粉の飛散時期が異なることを知っておきましょう。

皮膚科や内科でアレルギー検査をすることもできるので、花粉による肌荒れが考えられる場合はアレルゲンをチェックしておくと安心です。

かさつきや湿疹が気になるときの対処法

たっぷり保湿&かゆみは冷やす

花粉によってダメージを受けている肌は、バリア機能が低下しています。スキンケアをするときは、いつもよりたっぷりの保湿で水分を補ってあげましょう。

また、お風呂上りや運動後の体温が上昇しているときはかゆみが起こりやすくなりますが、掻くのは絶対にNGです。どうしてもかゆみが気になるときには、ハンカチで保冷剤をくるんで肌にあてると一時的にかゆみが和らぎます。

メイクはしっかり保湿をしてから薄めに!

仕事や用事で外出するとき、どうしてもメイクをしなければいけないこともあるでしょう。そんなときには、保湿をしっかりしてからできるだけ薄くメイクをするのがポイントです。

なかには、肌荒れを改善するためにファンデーションを塗らずに外出する人もいます。しかし、ファンデーションを塗っていることで皮膚に直接花粉を付着させずに済むというメリットがあります。

かゆみや湿疹がひどいときは皮膚科を受診


湿疹が治まらないときやかゆみが気になって眠れないときは、皮膚科を受診しましょう。
かゆみを抑える抗ヒスタミン剤や患部に塗る軟膏などを処方してもらうことができます。

季節や症状によって保湿剤のタイプを変えてくれる皮膚科もあるので、夏はさっぱり使えるローションタイプ、冬はクリームタイプのように使い分けるのもオススメです。

花粉症シーズンを乗り越えるスキンケア商品の選び方

花粉症シーズンは、いつも使っているスキンケア商品なのに肌にしみたりかゆみが起こってしまうこともありますよね。そんなときには、刺激が少ない肌に優しいスキンケア商品を選びましょう。

界面活性剤・防腐剤・紫外線吸収剤などの合成成分ができるだけ少ない商品を使うことで、肌への負担を軽減できます。花粉などの微粒子から肌を守る化粧品として注目されている、資生堂「アレルバリアシリーズ」の保護用美容液やファンデーションもオススメです。

自分の肌に合った化粧品を見つけて、花粉症シーズンを乗り越えましょう。

まとめ

春先はいつも肌荒れが気になるという人や、最近肌の調子がイマイチと感じている人は、花粉対策を始めてみましょう。肌が荒れる理由を知っておくことで、かゆみやかさつき緩和や肌荒れ予防も役立ちます。

肌のプロフェッショナルが研究・開発したスキンケア商品を上手く活用しながら、オールシーズン素肌美人を目指しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

成田ミキ

神奈川県在住。美容・健康・ライフスタイルの記事を執筆中。読んだあとにアクションを起こしたくなるような文章を心がけています。