ヒト幹細胞培養液配合オススメ化粧品4選!特徴・効果を徹底リサーチ

シミ・たるみ・シワなどが気になる年齢肌、そしてストレスや不規則な生活による肌トラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。エイジングケアへの需要が高まるなかで、ヒト幹細胞培養液を配合した化粧品が注目されています。とはいえ、成分について十分に理解できていないと安心して使用することはできませんよね。

そこで今回は、肌に良いものを積極的に使いたいと考えている人に知ってほしいヒト幹細胞培養液配合化粧品の特徴や効果、さらにオススメ商品について詳しく解説していきます。

ヒト幹細胞培養液って何?特徴とメリット

ヒト幹細胞培養液とは、厚生労働省が定める生物由来原料基準を満たす美容成分です。傷ついた細胞を修復し再生させる力を持つ幹細胞には、「動物由来」「植物由来」「ヒト由来」の3タイプがあります。動物由来幹細胞は羊のプラセンタ(胎盤)から採取され、植物由来幹細胞はリンゴやアルガンツリーなどの植物から採取されるのが特徴です。そして、ヒト幹細胞は人間の皮下脂肪から採取されます。

3つの幹細胞のなかでもヒト幹細胞は安全性が高く、美容に限らず病気の治療にも用いられています。このヒト幹細胞を細胞培養技術者や医師の管理下で培養と精製が行われ、ヒト幹細胞培養液がつくり出されます。そうなると、いったい誰の皮下脂肪が使われているのか不安に思う人もいるかもしれません。皮下脂肪は健康な成人女性から採取し、一定期間冷凍保存されます。健康的な女性をドナーにしていても、潜伏期間によってのちに病気が見つかることもあるため、リスク回避のためにこのような手順で行われているのです。

ヒト幹細胞培養液は、細胞の活性化を促し成長因子に働きかけます。コラーゲンやエラスチンなどの線維芽細胞が増加することで、肌の老化を予防し潤いを保ちやすくなるというわけです。そのため、この培養液が配合されている化粧品は、年齢肌に悩む人にとってメリットが大きい化粧品であるといえるでしょう。

ヒト幹細胞培養液配合オススメ化粧品はコレ!

毎日スキンケアをしっかり行っている人でも、不規則な生活による肌荒れや年齢による肌の衰えはジワジワと忍び寄ってきます。加齢による肌の潤いや弾力不足に悩んでいる人は、ヒト幹細胞培養液配合の化粧品を試してみるのも一つの方法です。ここでは、オススメの化粧品を厳選して紹介します。

direiaTO ステム インテンシブ BBクリーム

ステム インテンシブ BBクリーム」は、ヒト幹細胞培養液を配合した画期的なBBクリームです。SPF数値も高く、シミの原因となる紫外線やブルーライトなどの外部刺激をブロックしてくれます。

ヒト幹細胞培養液はもちろん、保湿成分である国産農薬不使用のローズ水・ダマスク薔薇花油・ナイアシンアミド、さらに肌を整えてくれる加水分解ローヤルゼリータンパクがたっぷり含まれています。また、紫外線吸収剤やパラベンなどの肌トラブルの心配がある成分を極力除去しているのが特徴です。メイクをしながら健やかな肌をキープしたい女性にオススメの商品です。

ピンクベースとイエローベースの2色展開で、肌の色合いにマッチした商品が選べます。パール粒程度のクリームを取り出し、両頬・顎先・鼻・額に乗せて均一に伸ばします。指の腹で優しくポンポンとなじませたら、スポンジで余分なクリームや油分を押さえましょう。汗や水で濡れてしまったときには、適度に塗りなおすことで美容効果を維持することができます。

ステム インテンシブ BBクリームについて詳しくはこちら

アクティバートforデイリー SCブースターローション

SCブースターローション」は、洗顔後すぐにつけることで美容効果を高めるブースター化粧水です。ヒト幹細胞培養液配合で、なおかつ分子レベルで物質を浸透させる微弱荷電技術を採用しているため、他の化粧品の浸透力を高めてくれます。

ヒアルロン酸や水溶性ナノ化コラーゲン、さらに抗酸化作用があるエラグ酸や保湿効果に優れたセラミド3が配合されていることもあり、肌をなめらかな状態に整えてくれるのが特徴です。界面活性剤・パラベン・アルコール不使用なので、肌への刺激が気になる人にもオススメです。

洗顔後の肌に2~3プッシュを優しくマッサージしながらなじませます。特に乾燥が気になる部分には、指先にローションを取ってピンポイントでなじませるのがポイントです。テクスチャーはややとろみがありますが、肌へのなじみが良くべたつかず夏でも快適に使用することができます。

SCブースターローションについて詳しくはこちら

DEAGAIA ナイトリペアエッセンス

ナイトリペアエッセンス」は、エステサロンでも使用されるほどエイジングケアに特化したコスメです。ヒト幹細胞培養液が配合されているため、コラーゲンやヒアルロン酸などのエイジング成分が豊富に含まれています。さらに、防腐剤・界面活性剤・香料・鉱物油・合成色素不使用であるため、肌への負担が心配な人でも安心して使うことができます。

まずは、フリーズドライされた白い綿状の美容液に溶解液を加えて液体に戻す必要があります。朝や夜の洗顔後にタオルで水分をふき取り、ナイトリペアエッセンスを目じりや口元など気になる部分になじませます。

あとは普段使っている化粧水や乳液でいつも通りケアするだけです。ローションやクリームも販売しているので、同じDEAGAIAシリーズでトータルケアをすることもできます。

ナイトリペアエッセンスについて詳しくはこちら

THE SCALP 5.0C

THE SCALP 5.0C」は、ヒト幹細胞培養液や頭皮の状態を高めるリデンシルなどが配合されているスカルプケア商品です。また、美容成分としてよく知られるプラセンタや頭皮を健やかな状態に導いてくれる有効成分が豊富です。頭皮の状態が良くなることで、フェイスラインがグッと引き締められてたるみ予防にもつながります。

界面活性剤・紫外線吸収剤・シリコン・鉱物油などの添加物が含まれていないため、頭皮への刺激が少なく安心して使用することができるでしょう。

使い方は簡単で、丁寧に洗髪したら髪を乾かして頭皮に塗布するだけです。朝晩2回使用して1カ月程度で使い切るようにしましょう。朝など洗髪せずに使用する場合は、スタイリング剤をつける前に塗布するのがオススメです。べたつきもなくサラサラとしていて、なおかつ無香料で匂いも気になりません。

THE SCALP 5.0Cについて詳しくはこちら

エイジングケアは悩みに合わせて化粧品を選ぶべし!

肌の衰えを早めている原因は、加齢・不規則なライフスタイル・間違ったスキンケアなどさまざまです。自分の肌の悩みや原因に合ったケアをしなければ、せっかく良い化粧品を使っても思ったような効果が表れないこともあります。

例えば、日常的に紫外線やPC・スマートフォンによるブルーライトを浴びることが多い場合、SPF数値が高いファンデーションを使うことで外部刺激から肌を守ることができます。また、フェイスラインのたるみや肌の乾燥が気になるときには、保湿成分がたっぷり配合されている化粧品を選べば潤いとハリのある肌を保つことができるでしょう。

ヒト幹細胞培養液が配合されている化粧品なら何でも良いというわけではなく、エイジングケアの効果を高めるためには、ブースター化粧水・BBクリーム・美容液・スカルプケア商品などのなかから、ニーズに合った化粧品を選ぶことが重要です。

エステよりもリーズナブル!

ヒト幹細胞培養液を使用して施術を行うエステサロンもあります。クレンジングやピーリングマッサージなどをしながら、ヒト幹細胞培養液配合の美容液を用いてケアしてもらえるのが魅力です。プロの施術を受ければ若々しい肌に近づくことができますが、やはりエステサロンに通うとなるとコストがかかります。

ヒト幹細胞培養液を用いた施術は、施術時間や使用する培養液の濃度にもよりますが、20,000~50,000円程度かかるケースが一般的です。通常のエステメニューよりも料金が高く設定されているため、頻繁に通うとなると二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか。

その点、自宅でスキンケアできるヒト幹細胞培養液配合化粧品は、エステサロンに通う時間や料金を考えれば得られるメリットが大きいといえるでしょう。プロによるフェイシャルエステもエイジングケアに効果的ですが、毎日続けたい人にはコスパ抜群の化粧品がオススメです。

BBクリームなら5,000円程度、ブースター化粧水・美容液・スカルプケア商品でも10,000~15,000円程度で購入することができます。1本で1カ月以上使える化粧品がほとんどなので、エステサロンにかかる料金と比べるとコストの低さは一目瞭然です。普段はヒト幹細胞培養液配合化粧品でセルフケアをして、たまにエステサロンで集中ケアをすれば、年齢を重ねた肌に充分な潤いを与えることができるでしょう。

まとめ

ヒト幹細胞という言葉を聞いたことがあっても、人間の皮下脂肪からつくられていることや肌の老化予防に効果が期待できることを知らなかったという人も多いのではないでしょうか。
ヒト幹細胞培養液や優れた美容成分が配合されている化粧品を使うことで、加齢に負けないハリと潤いのある肌を目指すことができます。エイジングケアを考えている人は、お気に入りの化粧品を探してみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

SACHI

元美容部員。成分などを徹底的に調べるのが好きで、コスメの知識はある程度深いと自負しています。某有名クチコミサイトでは1,000人以上のお気に入り登録がありました。スキンケアは攻めが好き、メイクアップアイテムは持ち重視で評価します。