【検証第3弾!B.K.AGE(ビーケーエイジ)】乾燥に強いスキンケアは高野豆腐を潤せるか!?

今回検証に使わせてもらうコスメは
コラージュのB.K.AGE(ビーケーエイジ)
皮膚薬を作り続けた製薬会社が開発したスキンケアです。

製薬会社が販売しているのに、とってもリーズナブル。しかも、口コミもなかなかの高評価。

これはコスパコスメ愛好家として、チェックしないわけにはいきません!

この商品ページや口コミをみてみると、抗乾燥・潤い張り対策・敏乾燥年齢肌
などなど、乾燥という文字が本当に沢山出てきます。

まさに、乾燥する肌に挑戦しているといった印象のコスメですね。

どれほど潤せる力があるのか。
潤いキープ力はいかほどなのか。
わくわくが抑えきれませんね。

B.K.AGE(ビーケーエイジ)について詳しくはこちら

乾燥肌に挑むコスメをさっそく検証してみましょう☆

今回検証に使うアイテムはこれ。

そう、高野豆腐です。

乾燥界に君臨するこやつを潤していただきましょう。

ティースプーン1杯ずつ、水分を入れていきます。

右・・・水
真ん中・・・街角でもらった某メーカーのサンプル化粧水
左・・・BKエイジのとてもしっとり化粧水

時間が10分経過。
中身を見るべく、高野豆腐を切断してみました。

うーーん。浸透力は微妙ですね。
わずかではありますが、左のBKエイジが他の二つに比べて、少し奥に浸透しているようにも見えます。

奥まで入り込む力は、水・サンプル化粧水・BKエイジとあまり差はないようです。

次にうるおい度をチェックしてみましょう

15分、エアコンの効いた部屋に放置。

潤いをたっぷりと与えてくれると言う、「とてもしっとりタイプの化粧水」の威力はいかに!?

高野豆腐をどれくらい保湿しているか、スキンチェッカーで見てみましょう。

水・・・潤いプラス3
サンプル化粧品・・・潤いプラス4
BKエイジ・・・潤いプラス5

わぁお。
潤いがマックスの値ではありませんか!

正直、ここまでやるとは驚きですね。
潤い力は半端ないです(笑)

ただ、気になるのがオイル面。

他に比べて、BKエイジの数値がプラス1だけです。

化粧水だけだと、どうしても油分が少ないようですね。

よくよくBKエイジの説明文を読んでみると、化粧水が肌に残っているうちに、乳液とクリームで保護をとありました。

トライアルについてきた乳液、クリームで油分をプラスとなるわけですね。
納得です。

実際の使用感とテクスチャー

化粧水にはとろみがありますね。

肌につけた感触は、ぺっとり、としています。
一気に吸い込まれる感覚はなく、じんわりと肌に入っていく感じがしました。

やや重みがあるかな、とも思いましたが、しばらくすると肌に馴染みしっとりとした感触になります。

クリームも乳液も同様、さらっとはしていません。
どちらかというと、ぺっとりとした感触です。

さっぱりとしたい方には、やや重たく感じるかもしれませんね。

私はもともと乾燥肌だったので、これくらいしっとりとしたタイプの方が好みです。

・製薬会社コスメの高品質
・化粧水の値段も1本3000円ほど
・高野豆腐相手にマックス値を出したほどの潤い力

コスパコスメのスキンケア化粧品としては、このBKエイジ。なかなかの高得点だと思います。

乾燥をとても気にされている方に、お勧めしたいスキンケア化粧品です☆

B.K.AGE(ビーケーエイジ)について詳しくはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

KANAYA

ネットサーフィンと美味しい食べ物、珍しい物を探すことが趣味な私。 そんな趣味を活かして、ネット上でお気に入りアイテムを探しまわっているアラサー女子webライターでございます(女子って歳じゃないけれど・・・)